自然が好きだ~!!

自然の中でミツバチ・植物・屋上菜園・渓流釣り・アユ釣り・等を楽しんでいます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これって凄~~い!!

2009.07.30 (Thu)

蜂友から「これ使ってみて~」と、見ると「お~これは何処かで見たぞ~。そうだBUNBUNさんのブログ
で話題になった品物だ。」 今日はもう遅いので明日の朝に試してみる事に。

蟇・誓繧頑ゥ・001_convert_20090730170521

朝、5:30に起き早速準備、前日の採蜜のしぼりカスを入れて見たが・・・まてよ~まだ6時前だし
近所の迷惑にならないか、ちょっと心配!でもやってみようとスイッチレバーをON、すると「ガッタン
ガッタン ガッタン」とスムーズにドラムが回らない。ふたを押さえてもう一度ON,すると10秒位で音も静かに回りだした。5秒位して蜜が下の口から出てくるではないか。


蟇・誓繧頑ゥ・004_convert_20090730170105

まず、玉ねぎネットに巣蜜を入れて、それをドラムに入れる。入れるとゆうより押し込む。その上に付属の押さえカバー?を入れ又強く押し込む。


蟇・誓繧頑ゥ・019_convert_20090730170348

レバースイッチON。 5~6秒してお~~出るわ~出るわ~(*^。^*)
昨日ほとんどしぼったはずなのにな~。


蟇・誓繧頑ゥ・016_convert_20090730170221

回しだして10分後、中をのぞくと綺麗にドーナツのようにしぼりかすが・・・・(●^o^●)
後は取り出してそのまま蜜蝋作りになります。
終わった後のお手入れは簡単に出来ました。
味は変わらなかった。

教訓!

育児圏は絶対入れてはならない。濁り密になります。



スポンサーサイト

蜂友の応援隊!

2009.07.28 (Tue)

淡路・香川から採蜜の応援隊がやって来た。彼らは26日は岡山県(スロー人さんの蜂場)で横胴の
見学とお手伝い?、とても勉強になったと感心しておられました。
そして、その日の内に松山入りして夜は3人でビール・焼酎で盛り上がり、岡山での話と明日の採蜜の話で少々飲み過ぎてしまった。

屋上細密1

さ~全員集合です。実行者3名、見学者2名



屋上細密2

まずは松山坊ちゃん流でやりました。


屋上細密3

何時見ても綺麗ですね~犠牲蜂もあまりいません。


屋上細密11

今度は角胴です。この箱はせいご谷さんにお願いしました。う~どうするのか見ていたら、な、なんと
前日岡山で見学して来た横胴のやり方で、巣を取りだしながら蜂を追い込む作戦だそうです。



屋上細密14

奥に空箱をセットして追い込むらしいが、果たしてうまくいくか・・・??!
天板を取り巣を切り取って行くだけで蜂は奥には入るらしい。



屋上細密16

お~~みごとに蜂達は奥の空箱に入りました。このやり方は角胴で採蜜をしている方には良いんじゃないですか、試してみてください。



屋上細密19

3箱切り取った巣を1階の駐車場で処理して、垂らし蜜を作ります。さて!何キロとれるかな?
また!後程報告します。

今回の採蜜で思ったことは、遠~い遠~い!淡路島と香川県からお手伝いに来てくれた、せいご谷さんとさぬきさんには感謝、感謝でいっぱいです。ありがとうございました。
そして、横胴でヒントをくれた岡山のスロー人さん助かりました。8ちゃんねるの蜂友さん達に感謝で~~す。


黒蜜?!

2009.07.22 (Wed)

たらし蜜の出来上がりです。う~~ん少し黒くないか~? そうか2年ものだからかな。
そういえば巣も硬かったし、平均して巣自体も黒かったかな~(@_@。
ちなみに 「収穫量は約6リットル」 「箱は 300×150×15」

黒蜜1

去年までは捕獲して4~5ヵ月で採蜜していたが、この蜜は昨年の蜜。
蜜の色が濃厚な色と味だ。



08年の採蜜1

これが昨年採った4ヵ月の蜜。




黒蜜4

2年物 やはり巣も黒っぽい。




08年の採蜜2

これが昨年採った4ヵ月の蜜。きれいだ~。




黒蜜3

2年物、おいしそ~~(●^o^●)



1年物と2年物では巣も蜜も全くちがう、1年物は見た目がきれい、2年物は黒っぽくて
値打ち物にも見えるが・・・味は2年物が濃厚である。3年物はどうなんだろう・・・・??



09年 初採蜜!

2009.07.21 (Tue)

今年初採蜜は田舎の2年物。4段巣箱の蜂が溢れていたので実行することにした。
小雨の中ではあったが、さすが田舎!気温は24度であった。

さいみつ5

天板をトントン叩いてドライバーでネジクギを開けている時、見る見るうちに出て来る。



さいみつ4

2年物の巣はかた~い。((+_+))



さいみつ9

う~ん、綺麗だ~~(*^。^*)



さいみつ8

蜜もきれい1



さいみつ10


これはミツバチ達の芸術だ~。



さいみつ6

巣門では大騒ぎ~~ガチャピンの口か~(@_@。



さいみつ13

入口が~~((+_+))



さいみつ14

後は時間をかけてゆっくりと「タラシ蜜」を待つだけ(*^。^*)
ここは密源豊富な処で、秋から冬にかけて「タラの芽」の花が咲く。

今回の採蜜は田舎での作業で比較的楽だった。が!屋上ではこんなにはいかないだろう。
来週の27日では周りに気を使いながらの作業になるのかな??
お手伝いに来てくれる蜂友さん方、頼りにしてまっせ~~(●^o^●)



クマゼミの誕生!

2009.07.18 (Sat)

先日散歩の途中でセミの羽化するとこを見た。こいつは泣きだしたらうるさいやつだが、
一生懸命に誕生しょうとしているとこを見ると、つい、「がんばれ~」と声をかけてしまった。

クマゼミの孵化1

少しずつガラから出ている。


クマゼミの孵化2

う~~ん でな~い。


クマゼミの孵化3

これでも30分はかかっている。
時間がなかったのでここで諦めた。後日見てみると何もなかった。せめてヌケガラだけでも
と思ったが、何もなかった。無事に飛び立ってくれたかな~。

シュリンプ全滅!

2009.07.15 (Wed)

1月前までは300匹いたクリスタルレッドシュリンプが全滅した((+_+))
あ~ぁ残念、水質が変わったのだろうか、2年も同じ水槽でリセットもせずにいたから・・・!

ebi.jpg

こんなにいたのにな~?


白めだか

今では白メダカに変わってしまった。

これだから生き物は怖いです。これからは生き物は飼わないようにしょう。でも!ミツバチは良いかな。ミツバチも突然いなくなることもあるし、大量に死んでしまうこともある。が!大切に育てよう。

夜の巣箱!

2009.07.10 (Fri)

7月に入って蒸し暑い夜が続いているが、屋上のミツバチ達はどうしているのか、
そ~っと覗いて見た。

夜の巣箱1

1群目は中群でまあまあの貯蜜だ。

夜の巣箱2

2群目 角洞 この箱は強群だ。


夜の巣箱3

3群目 中群


夜の巣箱4

4群目 6群中の最強群でいつでも採蜜出来そう。


夜の巣箱5

5群目 これも強群だ。


夜の巣箱6

6群目 この箱は重箱3段一杯だ~いつでも採蜜出来る。

今年屋上で捕獲した6群全てが順調に育っている。孫分蜂もなく、脱糞騒ぎもなく、後が怖い位い
です。6群の内3群は今月~来月に採蜜の予定だ。継箱はギリギリまでしない方がいいので、
採蜜後に1段足すことにする。

石鎚山 パートⅡ

2009.07.08 (Wed)

今日は石鎚山パートⅡの紹介です。石鎚山から帰って2日目の朝、もう足の筋肉痛がひどくて階段の上り下りが大変です。湿布薬がいくらあっても足らない。家中サロンパスの匂いで充満しています。

さて!石鎚山パートⅡ
今回は石鎚山に咲く草花を紹介しますが、名前が分かりませんのであしからず。

メニュー

無事に頂上に着き、御神体での御祈願、厄落としも済ませた頃、ちょうどお昼前なので山頂のレストランに入りメニューを見ると、ちょっと高いので持参した弁当と、カップうどんで昼食をする。

石鎚山19

カップうどん450円を購入、後は持参の弁当とおにぎり。


石鎚山21

小雨の中で食事する人もいた。


石鎚山24

ここをまた降りることに・・・(-_-;)


石鎚山31


あ~ヘリポートだ!これで予約しとくんだったな~。


石鎚山18

頂上で咲いていた「キハダ」

石鎚山27

この花は多くあった。「ミズキ」

石鎚山23

これも多かった。「シロバナタニウツギ」

石鎚山29

綺麗な色をしていた。「ヤマシグレ」

石鎚山28

よく見かける 「アザミ」

石鎚山38


      「卯の花」

石鎚山26


   「ガマミズ」

石鎚山33

ここらで山頂付近ともお別れだ。


石鎚山7

こんな歩きやすい山道もあるし、森林浴見たいな処もあるのだが。先輩の足取りは軽~~~い。((+_+))


石鎚山34

みごとな根張りだ。


石鎚山35

「モミの木(ツガ)」の枯れた切り株の中から新しい生命が・・・・(*^。^*)


今回の石鎚山のお参りは雨の降る中で少し大変だったけど、きっと後に良い結果が出てくれるだろうと思う。不思議な事に帰って来て2日目で、階段の上り下りがきつくて筋肉痛がひどいのだが、また行きたくなって来た気持ちが強い、又秋に行こう。
西条市のミツバチ仲間の友人に感謝、感謝でいっぱいです。ありがとうございました

西日本最高峰 石鎚山!

2009.07.07 (Tue)

我が家の厄除けを兼ねて石鎚山にお参りに行って来た。今回は表参道の西条市から登るのだが、
これが行く前から「きついぞ~」って言われてはいたのですが、さすがにきつかった。
でも!今回は目的が決まっていたので弱音を吐くこともなく、頂上にたどり着くことが出来た。
これも地元の蜂友のおかげです。先輩ありがとうございました。

まずはパート1

石鎚山1

石鎚登山案内板


石鎚山3

まずロープーエーにていざ出発


石鎚山4

霧と小雨で視界は0 う~残念!


石鎚山5

山の仙人に会いました、年齢はう~たしか80前後だったかな?


石鎚山6

成就社で入山の手続きをして、ここから出発。


石鎚山10

ここの上りはきつ~~い((+_+))


石鎚山8

すでにおくだりさんの姿が。


石鎚山12

1,2,のクサリを登って最後の3のクサリを登る。


石鎚山13

着いたぞ~~約3時間 あ~~疲れた。


石鎚山14

カラフルなカッパで賑やかな頂上風景。

登り口から3時間さすがに疲れました。でも何か不思議でした 足は痛いが心は前に向いてます
今ブログを書いている時でも、直ぐにでも行きたい気分です。
パート2では帰りの様子と途中出会った草花を書いて見ます。


おっ!これはめずらしい~!

2009.07.03 (Fri)

早朝いつものように散歩していたら、おや~なんか面白そ~(@_@。
ネコちゃんの黒い模様がハート型だ~~。しかも影付き~~。

ネコ2

このネコちゃんその内有名ネコちゃんになる・・・・・・かも?
家の周りには飼い主の居ないネコが沢山います。


ハートのネコ1

このネコちゃん、実は野良猫です。
早朝野良猫にえさを与えるおばあちゃんがいて、この時間はまだおばあちゃんを待っていた。
おばあちゃんの優しさも分かりますが、おかげで野良猫が増えてます。これってどうしたらいいのかな~??。


 | HOME | 

プロフィール

坊っちゃん

Author:坊っちゃん
ブログへようこそ~!愛媛県でミツバチを飼っています。松山城の直ぐ近くですが、皆さんもやってみませんか、毎年夏に美味しい蜂蜜が待ってますよ~。ブログ宜しくお願いしま~す。足跡でも残して行って下さい。ご訪問ありがとうございます。   
 開設日:09/1/17(土)

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。